ABOUT US

VISION

食・農・教育を中心としたフィルムを通じて、
新たな社会のビジョンを共有すること。
様々なモデルを紹介することで、インスピレーションを広げ、
フィルムという媒体を使い、コミュニティーに変化の種をまくこと。

        

 

ACTION

「都市を耕す〜Edible City〜」を始め、
新しいビジョンと成り得る映画の発掘、映画翻訳と配給。

        

 

STAFF

YAMATO SUGA

47370954_2332374276838083_7930235002678149120_o

Edible Media 運営メンバー

(さらに…)

TAKAFUMI TOMITA

122778301_2814132482189693_4751153399516694631_n

Edible Media 運営メンバー

(さらに…)

KAZUYO NISHIMURA

124407542_396998221667183_1864286014775373750_n

Edible Media 運営メンバー

(さらに…)

HIROKO HORIGUCHI

131382402_157678029430604_1414031156542292496_n

 

Edible Media 発起人

(さらに…)

ERI (SUZUKI) TOMITA

130841212_1292373421129792_141624915810889415_n

 

Edible Media 代表

(さらに…)

NEWS

上映会のお知らせ

123653944_797757300770823_1288410563704760797_n

オンライン視聴が可能になりました

最新情報!エディブルシティをより多くの方に!

Edible_City_LogoBanner

無料配信のお知らせ

6月21日夏至まで 「都市を耕す エディブルシティ」無料公開中

Goat

2020年上映会

SEE ALL INFORMATION

MEDIA & MOVIES

EDIBLE CITY

場所はサンフランシスコ、バークレー、オークランドの3都市。経済格差の広がる社会状況を背景に、新鮮で安全な食を入手するのが困難な都市で、市民自らが健康で栄養価の高い食べ物を手に入れるシステムを取り戻そうとさまざまな活動が生まれて行く。そして、一人一人の活動がコミュニティを動かす力となり、社会に変化をもたらす。卓越した草の根運動のプロセスを実感できるドキュメンタリーフィルム。日本人にはまだ馴染みの薄い「食の砂漠」「食の正義」「食料主権」といった概念だが、日本でも子どもの貧困、孤食など少しずつ社会問題として滲み出ている。アメリカで広がりを見せている都市農園、コミュニティーガーデン、エディブル・エデュケーション(栽培から食卓まで全体をいのちの教育として位置づける食育)は、都会生活に食と農のつながりを取り戻す可能性を感じさせてくれる。

HOSTING YOUR EVENT

上映会開催を検討されている方は、こちらのページをご参加ください

CONTACT

メールアドレス < edible.media.japan [at] gmail.com >
 [at] を@に変えて送信してください。